きららビーチ焼野のテーマソング完成

 きららビーチ焼野をPRするテーマソング「Kira・ra・Beach」が完成し、二十日、同所で開かれるやけの美夕フェスタ2008で初めて披露される。
 作詞・作曲は宇部市厚南の会社員、山本幹夫さん(49)が担当。ボーカルは山陽小野田市松浜のパート勤務、古谷綾美さん(40)をメーンに、山本さんも参加して「Aya with Micky」のユニット名で歌う。山本さんは「きららという言葉から連想し、輝いた感じや人の笑顔が集まるようなイメージの曲に仕上げた」とコンセプトを説明。古谷さんは「歌いやすい、覚えやすいポップス調の歌で、みんなが口ずさんでくれるとうれしい」と話した。
 完成した「Kira・ra・Beach」のCDを紹介する古谷さん(左)と山本さん

カテゴリー:アーカイブ2008年7月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ