機械化栽培の威力を実演、船木でタマネギ収穫

 最新の農作業機械を使ったタマネギ収穫の実演が六日、宇部市船木であった。JA山口宇部(吉本正夫組合長)と県美祢農林事務所(桂達郎所長)が、栽培面積拡大の可能性を含めて機械化栽培に目を向けてもらおうと実施。同所で今年初めてタマネギを栽培した楠地域のオールドパワーズ(原野浩義代表、十四人)の会員ら関係者三十人が参加した。

 タマネギを次々と拾い集めるピッカー(船木で)

カテゴリー:アーカイブ2007年6月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ