おのだJTCが全国ホープス卓球大会に初出場

 卓球のスポーツ少年団のおのだJTCは、夏休みに東京で開かれる第二十六回全国ホープス(小学生以下)卓球大会に初出場する。秋山祐輝選手(高千帆小)、古谷祐輔選手(原小)、村上裕飛選手(高千帆小)の六年生トリオで構成する団体戦で、県大会を制した。
 全国大会は八月六日から三日間、東京体育館で開かれ、各都道府県代表が出場する。予選リーグと決勝トーナメントがあり、おのだは予選で鹿児島、静岡、山形と対戦する。秋山選手は「優勝を目指し、最後まで粘り強くプレーする」、古谷選手は「県代表として、悔いの残らない試合をしたい」、村上選手は「劣勢でも、攻めの気持ちで戦いたい」とそれぞれ意気込みを語った。
 全国大会に出場する秋山、古谷、村上の各選手と指導者の平田さん(右から)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月18日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ