県立農大生が酪農、果樹施設訪問

 県立農業大学校(防府市)の学生四人は十五日、山陽小野田市不動寺原の藤井牧場と埴生干拓にある花卉(かき)・果樹農場「花の海」を訪れ、生産システムの仕組みや経営の苦労などを聞き、現代農業について理解を深めた。宇部地区農業改良普及協議会主催。農大生に、出身地周辺の農業経営の実態に生で触れ、地元での就農への意欲を高め、地域農業を後継してもらおうと開いている。
 宇部地区では宇部市出身の寺本由美さん(二年)、戸山裕太さん(同)、末藤奈穂実さん(一年)と山陽小野田市出身の中沢有里さん(同)が参加した。藤井牧場では経営者の藤井良雄さんの案内で畜舎を見て回ったり、牛に餌をやったりした。
 乳牛に餌のわらを与える農大生(不動寺原の藤井牧場で)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ