「道の駅きららあじす」が人気、2年連続で80万人超

 道の駅きららあじすが、多くのリピーターを集めている。二〇〇六年度は八十二万三千七百四十二人が訪れ、四億三千万円を売り上げた。「山口きらら博の開催地という知名度と交通アクセスの良さがお客を呼んでいる」と同駅は話す。〇五年度実績も八十四万二千六百三十八人、売上額四億二千五百万円の高水準。利用者アンケートを基に昨年十二月、レジャー誌がまとめた中国・四国地方の「行って良かった道の駅」では、百四十七駅の中で三位にランクされた。
 商品は地元を中心にした農作物、花卉(かき)と加工品、弁当、県内産の土産。カボチャのソフトクリームやコロッケなども人気を集めている。阿知須近海で取れた鮮魚販売所もファンが多い。

 大勢の買い物客でにぎわう農作物コーナー(道の駅きららあじすで)

カテゴリー:アーカイブ2007年6月6日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ