市民教養講座スタート、初回は女優の倍賞千恵子さん

 第三十二回宇部市民教養講座が五日、記念会館でスタートした。二十一日、七月八日に開講する全三回で、初回は市民千百人が来場し、女優の倍賞千恵子さんの話に聞き入った。市教育委員会、宇部ライオンズクラブ主催。
「歌うこと、演じること、そして生きること」を演題とした倍賞さんは「山田洋次監督の古里で講演できることがうれしい。女優ではなく歌手からスタートしたわたしの仕事、歩んできた道について聞いてほしい」と話し始めた。
 次回は二十一日午後六時半からで、東京農業大教授・農学博士の小泉武夫さんが「食と日本人の知恵」と題して講演。七月八日午後二時からは、ジャーナリストの江川紹子さんが「夢の探し方」をテーマに話す。チケットには若干、余裕がある。問い合わせは市教委文化振興課(電話34-8616)へ。

 倍賞さんの講演を楽しむ市民(記念会館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年6月6日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single