厚陽校区で放課後子ども教室スタート

 放課後や休日の小学生の健全育成を目的とした市内初の放課後子ども教室が十二日、厚陽校区で始まった。毎週土曜日の午前中に参加を希望する子供たちが厚陽公民館に集まり、工作や自然体験などをして過ごす。十九日には厚狭校区でもスタートする。
 文部科学省と厚生労働省の連携で、昨年度にスタートした放課後子どもプランの一環。厚陽校区には既に、毎月一回土曜日に行う「あそびの城厚陽」があるため、その日は合同開催となる。この日も開催日が重なり、あそびの城の園児たちを合わせた十八人が参加して、大人たちから教わりながらぞうきん縫いに挑戦した。今後、囲碁や将棋、草木染といったプログラムを予定している。安全管理員や小学生の参加を募集中。問い合わせは、市教委社会教育課(電話82-1203)へ。
 放課後子ども教室でぞうきん縫いに挑戦する子供たち(厚陽公民館で)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月14日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single