“学食米”の原点知る

 県独自のブランド米「晴るる」に親しみを感じてもらおうと、宇部市小野の小野来見集会所付近で二日、大学生二十人と「ちゃぐりん学級」の子供たちを含む約百人が田植えを体験した。学生たちは学生食堂で晴るるが使われていることから「どこでどういうふうに栽培されているのか」を知ろうと、大学生協の呼び掛けに応じた。JA山口宇部、山口農協直販主催。

 田植えをする学生たち

カテゴリー:アーカイブ2007年6月2日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ