交通安全県民運動スタート

 夏の交通安全県民運動が九日から始まった。十八日までの期間中、宇部警察署(中山肇署長)は取り締まりを強化し、宇部交通安全協会(高橋明利会長)は市内各所で啓発活動を行う。
 初日は小野でドライバー向けのキャンペーンがあった。小野小横の国道490号では、宇部交安協の小野、楠、厚東、二俣瀬の分会員や宇部署員ら四十人が、通行中のドライバーに六月から施行された改正道交法のPRチラシなどを手渡して「交通安全に協力を」「運転に気を付けて」と声を掛けた。
 ドライバーに交通安全を呼び掛ける人たち(9日午前10時すぎ、小野で)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ