宇部市が「空き家情報バンク」開設、県宅建協などと調印

 宇部市は七日、ホームページ(HP)にU・J・Iターン者向けの「空き家情報バンク」を開設すると同時に、情報充実のため、県宅地建物取引業協会(片岡義正会長)、全日本不動産協会県本部(倉田康也本部長)と「UJIターン者の住宅の確保に関する協定」を交わした。自然豊かな北部地域に限定した不動産物件をPRし、定住人口の増大とにぎわいの創出を図る。
 同バンクは「農村暮らしの希望者」がターゲット。両団体から提供を受けた中山間地域(小野、二俣瀬、厚東、船木、万倉、吉部の六校区)の物件を取り扱い、過疎化や高齢化が進む地域の活性化を目指す。
 協定書に調印する藤田市長ら(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ