常盤中で浴衣の着付け体験学習

 常盤中(白石千代校長、五百八十八人)で二、三日、浴衣の着付け体験学習があり、二年生の男女百八十人が着付けの楽しさと難しさを味わった。
 家庭科の授業の一環として、京都きもの学院山口本校から講師十二人を迎えた。浴衣と帯は同学院が六十人分を用意し、生徒四-六人に講師一人が付いて指導した。二十分ほどで全員の着付けが終わり、担任の先生に写真を撮ってもらったり、男子と女子が互いの浴衣姿を見せ合ったりして、和気あいあいとした時間が流れた。
 講師(左)と共に浴衣が上手に着られたのを喜ぶ生徒たち(常盤中で)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ