光栄会が22日から障害児のデイサービス開始

 社会福祉法人光栄会(原田雄二理事長)は二十二日から、療育の必要な小学生を対象に、児童デイサービスと日中一時支援事業を開始する。一日付で県と市から事業者の指定を受けた。施設は三月末に廃止した宇部市中村三丁目の善和園通勤寮を全面改築して利用。名称は「うべつくし園きらきらキッズ」で、十九日午前十一時から開所式を行う。
 サービス管理責任者の井上恭子さんは「一人ひとりに合った療育を心掛け、帰宅後も安定した生活ができるよう、子供が楽しく充実した時間を過ごせる場にしたい」と抱負を語る。子供と一緒に遊ぶボランティアも募る。
 サービスの利用申し込みや問い合わせは、きらきらキッズ(電話33-8553)または、うべつくし園(電話31-7489)へ。
 改築中の旧善和園通勤寮(中村3丁目で)

カテゴリー:アーカイブ2008年7月3日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ