全日空がシステム障害で混乱、1500人に影響

 二十七日未明から全日空の国内線予約・発券システムに障害が発生し、山口宇部空港では羽田発の695便と697便が欠航、その他の便で最大二時間程度の遅れが生じた。約千五百人に影響が出た。
 全日空によると、障害は羽田空港に置かれている同社のホストコンピューターで発生。専用回線で各空港の端末と結ばれた「総合旅客システム」と呼ばれる全日空グループの予約・発券システムネットワークの処理能力が大幅に低下し、予約や発券の手続きが滞ったという。
 カウンター前には発券を待つ乗客の長い列ができた。最後尾から四十分から一時間程度かかり、乗客が社員に詰め寄る姿も見られた。

 発券を待つ乗客の列の最後尾で説明をする全日空の社員(山口宇部空港で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月28日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single