10月28日、江汐公園で山陽小野田市民まつり

 今年の山陽小野田市民まつりの本祭が、十月二十八日に江汐公園を舞台に開かれることが明らかになった。前夜祭は埴生漁港での「お祝い夢花火」。まちづくりへの意欲とイベント開催のノウハウを持った小野田青年会議所、小野田と山陽の両商工会議所青年部の若手三団体による「市民まつりプロジェクト委員会」(有馬大雄委員長)が主体となり、各種団体、市民との協働関係を構築しながら、新市の一体感、連帯感を高める内容を打ち出していく。
 会場は、前回の県立おのだサッカー交流公園から江汐公園に移す。まちづくり市民会議が示したコンセプト「新市を象徴する」「全世代が楽しめる」「日本一のものを盛り込む」「花火に始まり花火に終わる」を継承しつつ、企画会議を積極的に開いて内容を詰めていく。

 白井市長と握手し、市民まつりに向け、力を結集する若手3団体代表(市役所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ