「こんにちは赤ちゃん事業」の研修スタート

 生後四カ月までの乳児がいる全家庭を対象に宇部市が今年度から取り組む「こんにちは赤ちゃん事業」の研修が二十五日から始まり、訪問員となる母子保健推進員が同事業や養育問題について理解を深めた。研修初日は六十人が受講。七月三十日まで四回の研修を経て、八月から本格的な訪問活動を始める。
 同事業は、訪問者が保護者から不安や悩みを聞いて、子育て支援に関する情報を提供。親子の心身の状況や養育環境などの把握・助言も行い、支援の必要な家庭に対しては適切なサービス提供に結び付ける。
 訪問時の心構えなどを学ぶ推進員(市保健センターで)

カテゴリー:アーカイブ2008年6月26日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ