宇部中央高ソーイング部がホビー大賞・地域貢献賞に

 宇部中央高(藤嶋敏男校長、六百四十一人)のソーイング部(木村理恵部長、七人)が、全国コンクールの第十七回ホビー大賞に入賞。県の詩人、金子みすゞの代表作「わたしと小鳥とすずと」を刺しゅうで表現した作品が、地域貢献賞に選ばれた。
 作品は縦四十センチ、横八十センチ。文字を統一させるため、詩集を拡大コピーして布に写し取り、一人二行ずつ分担してアウトラインステッチを施した。昨年十一月から縫い始め、今年二月に完成。受賞作は六月二十二、二十三日にある校内の文化祭で展示した後、長門市の金子みすゞ記念館への寄贈を考えている。

 受賞を喜ぶソーイング部員たち(宇部中央高で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月23日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single