アスパラガスの夏芽収穫が本格化

 グリーンアスパラガスの夏芽の収穫が本格化してきた。須恵の西岡則隆さん(55)所有のビニールハウスでも、早朝と夕方の2回、土の中からにょっきりと芽を出したアスパラガスをはさみで切って収穫。地産地消ブームも後押しし、市場の引き合いも多いという。
 現在、八農家が小野田アスパラ生産組合(西岡部会長)を組織し、作付面積百アール弱で「きのう今日あすパラ」のブランド名で山陽小野田、防府の二市場に出荷している。西岡さんは「カロチン、ビタミン類のほか、疲労回復に効果のあるアスパラギン酸を多く含み、健康食品としても人気が高い」とPRする。
 アスパラガスの夏芽の収穫に取り組む西岡さん(25日午前8時すぎ、須恵で)

カテゴリー:アーカイブ2008年6月25日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ