中央町3丁目が「美しいまちなみ優秀賞」受賞

 宇部市と宇部中央地区再開発推進協議会(時広健次会長)が協働で進めてきた中央町三丁目地区のまちづくりが、日本の景観を良くする国民運動推進会議主催の二〇〇七年度都市景観大賞で「美しいまちなみ優秀賞」を受賞した。表彰式は六月一日、東京都港区の日本消防会館で開かれる同会議全国大会であり、市都市開発部の西村博充部長が出席する。
 中央町三丁目地区では一九九七年に推進協議会が設立され、市はこれを受けて、事業化に向けた話し合いやワークショップ開催などの支援事業をスタート。〇一年度から都市再生区画整理事業が始まり、電線などを地中化し、れんが舗装など景観に配慮した道路や広場を整備。同時に、協議会が作成した「街づくり協定」に基づき、建物の協調化による建て替えも行われ、現在の街並みが完成。地区人口の増大にもつながった。

カテゴリー:アーカイブ2007年5月22日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single