宇部市・威海市友好都市十五周年祝賀会で友好のメッセージ交換

 宇部市・威海市友好都市締結十五周年記念市民訪問団(団長・岩本哲男副市長、七十一人)と、中国共産党威海市委員会の崔日臣書記、同市の市議会に当たる人民代表大会の馬世和副主任ら現地の代表者は十八日、威海衛ホテルで記念祝賀会に臨み、互いに「交流をさらに深め、山口県と山東省、日本と中国との良好な関係の拡大につなげよう」とメッセージを交換し合った。また、訪問団に同行しているうべ百扇会と宇部太鼓のメンバーは、実験中学校で日本文化を披露。次世代の交流の主役を担う子供たちと触れ合いながら、友好都市をアピールした。訪問団は十九日以降、観光など四コースに分かれて行動。文化団体等コースは二十日、残る三コースは二十三日に帰国する。

 生徒らを前に「南蛮音頭」を披露する、うべ百扇会のメンバー(実験中学で)

岩本団長に記念品の銅版を手渡す崔書記(右、威海衛ホテルで)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月21日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single