高齢者が事故現場講習

 春の全国交通安全運動の一環として十八日、厚狭地区で、高齢者がかかわった事故現場を高齢者に見てもらう現場講習会が行われた。県内では実施している警察署もあるが、市内では初企画。十人の参加者が厚狭署の交通課員と、死亡事故現場などを巡り、再発防止の意識を高めた。

 死亡事故現場で三好課長(左端)から詳しい発生状況を聞く参加者たち(加藤交差点で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月21日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ