宇部市が「第4次市総合計画」策定へ

 宇部市は今年度から「第四次市総合計画」(計画期間=二〇一〇-二一年度)の策定作業を始めた。古里の将来像と実現に向けた諸施策をまとめた“まちづくりの指針”となるもので、基本構想と実行計画で構成。八月には市長の諮問機関として審議会を設置する予定で、市民の代表として加わる委員二人を公募している。七月十一日まで応募を受け付ける。
 公募委員は、市内に在住し、年四回程度の会合に出席できる市職員と市議会議員以外の成人が対象。任期は今年八月から〇九年十一月までで、会合一回当たりの報酬は六千三百円。応募方法は、市役所や各市民・ふれあいセンターなどで配布中の応募用紙に必要事項と「まちづくりについての提言」をテーマにした千二百字以内の小論文を添えて提出する。問い合わせは新総合計画策定室(電話34-8831)へ。

カテゴリー:アーカイブ2008年6月19日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single