県知事選告示まで1カ月

 県知事選の告示(七月十七日)が、一カ月後に迫った。これまでに立候補を表明しているのは、四選を目指す現職の二井関成さん(65)と、元県労連議長の福江俊喜さん(67)で、前回の二〇〇四年と同じ顔触れ。民主党県連は独自候補の擁立を見送ったため、保革一騎打ちとなる公算が強まっている。
 二井さんは「県政の総仕上げを」と、昨年十二月の定例県議会で続投を表明した。後援会事務所を年明けに、山口市旭通りに移設。県内各地で県政報告会や励ます会に出席し、体制を固めてきた。福江さんは「平和、暮らし、福祉が一位の県政を目指す」と、四月に再出馬を表明した。みんなの県政をつくる会(磯野有秀代表、十三団体)が擁立。七日に山口市赤妻町で事務所開きを行った。
 二井関成さん

福江俊喜さん

カテゴリー:アーカイブ2008年6月17日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ