市環境保全センターで環境サポートメイツ大活躍

 小学生の社会見学の時期を迎え、宇部市の環境保全センターでは、見学者をガイドする市民ボランティア・環境サポートメイツの会(安井敬子会長、九人)が大活躍している。五、六月中は、校区環境衛生連合会の視察もあって引っ張りだこ。
 十五日には、常盤小(水津俊博校長)の四年生八十六人が「ごみ・水のたび道中」をテーマに同センターを訪問。牛乳パックをリサイクルした和紙作りなども見学・体験した。

 和紙作りを見学する常盤小の児童(市環境保全センターで)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ