中学生海外派遣が復活へ

 山陽小野田市の中学生海外派遣事業が復活する。「がけっ縁予算」による経費削減で今年度は休止が決まっていたが、事業継続を求める小野田青年会議所(後根俊文理事長)の募金活動により、派遣生全員の渡航費にめどが付きそう。市は寄付金を見込んだ補正予算案を、近く開会する臨時議会に上程する。
 海外派遣事業は、中学生が夏休みを利用して姉妹都市の豪州レッドクリフ市を訪れ、ホームステイや交流を通じて国際感覚を養うもので、旧小野田市時代から続いている。

カテゴリー:アーカイブ2007年5月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ