ガザニアンクイーン満開

 宇部市の松山通り(国道190号)の中央分離帯に植えられたガザニアンクイーンの花が、満開になっている。目に鮮やかな“黄色いベルト”が中心街に長く伸び、ドライバーや道行く人の目を楽しませている。
 キク科の常緑宿根草。水やりが少なくてすみ、排気ガスや塩害にも強い、幹線道路の植栽にはもってこいの花。繁殖力が強く、根を伸ばして地表面を覆い尽くすため、年々、美しさを増す。
 松山通りの中央分離帯は今、黄色一色に染まり、フェニックスの木と共に華やかな空間を演出している。十月まで花を楽しむことができる。

 中央分離帯を覆うガザニアンクイーン(松山通りで)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月15日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single