若手警察官らが紙芝居で不審者対処法

 宇部警察署(中山肇署長)の若手警察官ら四人が十二日、上宇部小(渡辺哲郎校長)で紙芝居をし、一年生に不審者から声を掛けられた時の対応を教えた。お巡りさんによる珍しい舞台を児童は目を輝かせて見ていた。
 紙芝居は上宇部交番の吉武伸彦所長(53)の手作り。新川交番の金谷紗央里さん(25)、上宇部交番の冨永英宏さん(24)、西岐波交番の古谷敦規さん(24)が児童百十一人とやりとりしながら読んでいった。紙芝居が終わると、吉武所長が得意のハーモニカで「赤とんぼ」と「ふるさと」を披露した。
 子供たちに紙芝居をする警察官(上宇部小で)

カテゴリー:アーカイブ2008年6月13日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ