バンのひな、6羽すくすく

 宇部市東岐波前田の小さな堤にクイナ科の鳥、バンがすみ着いている。三月ごろに六羽がふ化し、今は子育ての真っ最中。やんちゃなひなたちはハスの葉の上を走り回って遊び、好物のコイの餌を、われ先にとついばむ。親鳥は周囲に気を配りながら、成長を見守っている。
 バンの一家が暮らしているのは鴻堤(面積約千平方メートル)。目の前に家のある嶋村宅郎さん(86)が、七年前からコイの餌付けを始めたところ、間もなく姿を見せるようになった。「ひなが順調に育ってくれることを楽しみに、これからも世話を続けたい」と語る。
 仲むつまじいバンの親子(左端の黒いのが親鳥、東岐波前田の鴻堤で)

カテゴリー:アーカイブ2008年6月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single