旧大和中央店、6月下旬から取り壊し

 昨年末に閉店した宇部市中央町二丁目の旧大和中央店の解体工事は、内装部分の撤去が行われており、今月下旬からは建物の取り壊しが本格化する。作業は九月末までの予定。整地後は全国にチェーン展開するビジネスホテルが進出することになっている。
 解体工事は三月から始まったが、備品や内部施設の撤去が中心だったため、現在も外観はあまり変化していない。大型重機などによる大掛かりな取り壊し作業がスタートするのは二十日ごろから。多くの市民にとって思い出の商業施設は、秋には姿を消す。広さ約三千平方メートルの敷地は造成後、二〇〇九年末から一〇年春の営業開始に向けてホテルの建設が見込まれる。
 近く解体工事が始まる旧大和中央店(中央町2丁目で)

カテゴリー:アーカイブ2008年6月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ