厚狭高生物部がISEFのリポーターで訪米

 厚狭高生物部の六人が、「国際学生科学フェア(ISEF)二〇〇七」にリポーターとして参加するため、十三日にアメリカのニューメキシコ州へ向けて出発する。四十カ国千三百人を超える世界中の高校生が研究成果を披露し合うコンテストで、グローバルな科学技術を体験する。
 訪米するのは、阿部美弥子部長(三年)、植田奈津美さん(同)、井上真理子さん(同)、篠田翔平君(同)、篠田匡史君(同)、河本雄貴君(二年)。昨年十二月に東京で開かれた朝日新聞社主催の「第四回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)二〇〇六」に男女各チームで参加して、ともに入賞し、副賞のアメリカ派遣を手に入れた。
 阿部部長は「とても良い機会を与えてもらった。聞くだけでなく、自分たちの研究も伝えて交流したい」と抱負。帰国は二十一日。

 リポーターとしてアメリカに行く生物部員たち(厚狭高で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月11日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single