「たけの子オーケストラ」が練習開始

 高泊校区の子供の竹楽器楽団「たけの子オーケストラ」は九日、高泊児童館で初練習を行った。小学生十三人が、地元住民手作りのマリンバやクロンプットなどの楽器で、竹ならではの優しい音色を奏でた。来年二月に市文化会館で実施する演奏会を目標に、毎月三回の練習を重ねる。
 市内在住の生涯学習音楽指導員、廣田由実さんら三人が指導に当たる。初日は、初めて楽器を見たという児童が多かったため、音鳴らし程度で終えた。子供たちは目を輝かせ、いろいろと試しながら楽器の感触を味わっていた。現在の団員数は一-五年生の十五人で、入団を希望している児童も数人いる。定員は三十人。申し込みや問い合わせは 、同児童館(電話83-6591)へ。

 竹楽器のマリンバをたたいてみる児童たち(高泊児童館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月10日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ