紫のトンネルでほっと一休み

 県内各地で夏日になった八日、常盤公園では強い日差しを避けてフジ棚の木陰を歩く人たちの姿が見られた。
 同園のフジは七十五本が植えられ、長さ約百メートルのトンネル状になっている。今年は例年より少し早い時期に咲き始め、現在は既に見ごろが終わりを迎えつつある。

 フジ棚の木陰で休む人たち(8日午前11時ごろ、常盤公園で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ