鴨神社、盛大に1200年式年祭

 厚狭地区の氏神、鴨神社の千二百年式年祭は四-六日の三日間行われ、氏子たちが節目を盛大に祝った。最終日は創建当時に社殿があったとされる沓古墳のそばで、雅楽や韓国伝統文化などの奉納行事が行われた。
 韓国伝統文化教室(下関市)のメンバー十九人が、雨、雲、風、雷を表した四種類の打楽器で「サムヌノリ」など六曲の舞や演奏を披露し、百済の聖明王妃でもある霊を慰めた。吉部田八幡宮の雅楽会も演奏を奉納した。五日は春季例大祭として、境内で約七十人が参加した子供相撲やもちまきなど多彩に繰り広げられた。

 式年祭を盛り上げた韓国伝統文化のステージ(沓古墳そばで)

春季大祭でのもちまき(鴨神社で)

カテゴリー:アーカイブ2007年5月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ