阿知須、旧中川家住宅の愛称は「いぐらの館」

 回船業で栄えた山口市阿知須地域の歴史を伝える、居蔵造りの「旧中川家住宅」のオープン記念イベントは三十一日、縄田地区の同住宅で開かれた。より親しみやすい名前で同住宅を呼んでもらうため、市民公募した愛称は阿知須河内の今橋久美子さんが考えた阿知須「いぐらの館」に決定。代神楽舞の披露や野だてもあり、多くの人が足を運んだ。山口市教育委員会(阿知須公民館)主催。
 愛称は午前十一時に司会者が発表。垂れ幕で新しい呼び名が示されると、集まった人たちから拍手が起こった。
 多くの観客が集まった代神楽舞(31日午前11時すぎ、山口市阿知須縄田で)

カテゴリー:アーカイブ2008年5月31日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single