街頭緊急通報システム、7基設置

 宇部警察署管内で、ひったくりなど刑法犯の年間発生件数の約三割を占める新川地区に十六日、街頭緊急通報システムが七基設置され、運用が開始された。同署の長松久雄署長は「犯罪の抑止と早期解決に期待する」と話した。
 システムは街を照らす防犯灯と警察への通報装置が一体になったもので、緊急時に通報ボタンを押すと、赤色灯が回転して大音量のブザーが鳴り、同署との通話が可能になる。同署では、通報装置に設置された防犯カメラの映像を見ることができる。
 JR宇部新川駅のロータリーに二基、同駅前の信号交差点と百菜屋、産業道路沿いのウォンツ宇部新川店、新川ふれあいセンター、記念会館の前に各一基設置された。

 設置された街頭緊急通報システム(JR宇部新川駅で)

カテゴリー:アーカイブ2007年4月17日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single