山陽小野田市消防団の女性団員が指導員デビュー

 山陽小野田市消防団(秋本昌宏団長)の女性団員が、十七日に市消防本部で開かれた市保育協会の普通救命講習会で、指導員デビューした。事務方の業務が中心だったが、今後は市民のリーダーとして積極的に救急の普及と啓発に携わっていく。
 初指導に当たったのは平川美香さん(35)と中島千晴さん(30)。救急救命士らと一緒に、心肺蘇生(そせい)やAED(自動体外式除細動器)の手順や正しいやり方を丁寧に指導した。平川さんは「自分自身がもっと勉強し、分かりやすい指導法を身に付けたい」、中島さんは「早く指導員としての自信を付けたい」と話した。
 受講生に丁寧に指導する中島さん(市消防本部で)

カテゴリー:アーカイブ2008年5月19日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ