山陽地区の沿岸パトロール隊発足

 山陽地区沿岸協力会(政田正義会長、三十六事業所・個人)の沿岸パトロール隊が十五日、発足した。早速、埴生漁港周辺をパトロールし、沿岸部の警戒、防犯に努めた。
  密航や密輸、密猟など沿岸部における犯罪の警戒や未然防止に関する広報、啓発を目的としたパトロール隊。同じ趣旨で十年前に、沿岸協力会が設立されたが、パトロール隊は実際に沿岸を警戒する実働部隊として、県漁業協同組合埴生支店、厚狭支店の組合員各三人の合計六人で構成した。昨年は県内十七沿岸協力会から百五十件の不審者情報が警察に寄せられた。密航関係では、入国管理法違反で四件七人が摘発されている。
 発足式の後、沿岸を警戒するパトロール隊(埴生漁港で)

カテゴリー:アーカイブ2008年5月16日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ