市役所窓口の夜間延長利用、1年間に1672件

 宇部市はこのほど、昨年三月から毎週木曜日に実施している窓口業務の夜間延長の利用実績をまとめた。今年二月末までの一年間に対象四課(市民、保険年金、こども福祉、税制=現市民税)で受け付け・処理したのは計千六百七十二件。うち約七割が住民票や印鑑証明書など市民課関係だった。市民生活部によると、日中は仕事で来庁できない人、若い世代の利用が目立ったという。
 夜間延長は、女性の社会進出支援、多様化した生活スタイルへの対応など「市民サービスの向上」を目指して、二〇〇六年三月九日から、祝日を除く毎週木曜日にスタート。一部職員が時差出勤して、午後五時十五分の閉庁後も七時まで窓口業務を行っている。

カテゴリー:アーカイブ2007年4月12日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single