6月27日、山陽小野田市の全小学校で昭和基地からライブ授業

 南極観測隊員として調査に当たっている山口東京理科大物質・環境工学科の浅野均(ひとし)助教(32)が、六月二十七日午後、山陽小野田市内の全十二小学校とテレビ会議システムを使い、南極昭和基地からの中継授業「南極教室」を行う。地球温暖化の影響で氷山が溶ける現状などを紹介し地球環境について考えてもらう。
 浅野助教は、第四十九次日本南極地域観測隊員五十五人のメンバーの一人として、昨年十一月から一年間の予定で南極に赴任。初めて分析装置を直接、昭和基地に搬入し、高度別の大気中粒子状物質や雪氷、降雪について現場で分析している。
 ライブ中継で南極の様子を紹介する浅野助教(山口東京理科大提供)

カテゴリー:アーカイブ2008年5月13日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single