まつば園がクンシランの販売開始

 山陽小野田市の知的障害者通所授産施設まつば園(板垣洋一施設長、定員三十五人)は、観葉植物のクンシランを育て、園芸愛好者に販売する。リース事業も手掛けているが、宇部市内の企業の支援を受けて収益事業を拡大し、障害者自立支援法による利用者負担の軽減に役立てる。
 同園は、三株(陶製鉢)で二千五百円、二株(プラスチック鉢)で千五百円、一株で八百円で販売している。二十八日に開く開園記念祭でも売り出すが、当日は先着三十人まで無料でプレゼントする。問い合わせは、同園(電話83-2059)へ。

 利用者の収入増にと、セントラルサービスが無償提供したクンシラン(まつば園で)

カテゴリー:アーカイブ2007年4月12日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ