記念会館で「ALWAYS 続・三丁目の夕日」ロケ

 大ヒット映画の続編となる「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のロケが十日、宇部市の記念会館で行われた。同会館を映画の舞台となる昭和三十年代の映画館に見立て、千二百人の応募者から選ばれた市民エキストラ三百七十人が、客役として撮影に臨んだ。
 撮影は、多くの客が映画館に入るシーンと、堀北真希演じる星野六子が友達と映画館を出るシーン。同会館の選定理由について「当時の雰囲気のままで、しっかりとした造りが良かった」と山崎貴監督。撮影を終え「イメージ通り、当時の風景が再現できた」と満足した様子だった。十一月三日に全国一斉公開される。

 撮影に臨むエキストラたちと(記念会館で)

インタビューに応じる山崎監督(記念会館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年4月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ