脳卒中患者友の会「虹の橋の会」が入会者募集

 宇部市シルバーふれあいセンターを拠点に活動している脳卒中患者友の会「虹の橋の会」(藏重巌会長、十七人)が、会のPRポスターを手作りし、通院中の病院や福祉施設に配って、入会者を募っている。
 同会は市内在住で、脳出血・脳梗塞(こうそく)・くも膜下出血など脳血管障害の後遺症がある人を対象として一九九一年九月、十一人で発足。機能訓練や各種行事を通して会員同士が情報交換し、親交を深めている。
 藏重会長は「ラジオ体操で体を動かすほか、花見、ピクニックなどのイベントで、カラオケやビンゴゲームを楽しんでいる。ぜひ仲間入りを」と呼び掛けている。同会についての問い合わせは、市高齢福祉課(電話22-4374)へ。

 PRポスターを手にする虹の橋の会のメンバー(市シルバーふれあいセンターで)

カテゴリー:アーカイブ2007年4月11日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ