溝田さんに心強い相棒、ディラン

 宇部市東際波台の溝田成哲(しげあき)さん(58)の下に、第二の人生を共に歩む心強いパートナーがやって来た。盲導犬のディランだ。病気のため六年前に失明し、一時は生きる気力も失いかけた溝田さんだが、ディランとコンビを組んで積極的な社会貢献を誓う。
 ディランはラブラドルレトリバーで、雄の二歳。大阪の日本ライトハウスで一緒に寝泊まりしながら四週間の共同訓練を積み、三月末に溝田さん方での生活が始まった。現役の盲導犬は市内で三匹目。国内では約九百七十匹が活躍しているが、障害者のニーズには応え切れていないのが現状だ。「ディランもわたしも初心者同士。これから愛情と信頼関係を築いていきたい」とし、選ばれたユーザーとして、盲導犬普及に対する使命感も抱く。
 溝田さんとディラン(東際波台の自宅前で)

カテゴリー:アーカイブ2008年5月10日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single