31日、太平洋セメント住吉社宅で開館記念イベント

 国の近代化産業遺産の一つに認定された住吉本町二丁目の太平洋セメント(旧小野田セメント)住吉社宅を管理運営する「セメント住吉社宅活用保存会」(瀬口孝典会長、約百人)は、三十一日午前九時半から同所で開館記念行事として住吉まつりを開く。
 当日は、青空フリーマーケット、市内の作家十人による絵画展(六月八日まで)、タンポポの会の作品展、旧小野田セメント徳利窯や山手倶楽部、住吉神社、笠井順八翁像などを巡る史跡ツアー(午前十時半、午後一時半の二回)、もちつき販売など各種行事で盛り上げる。洋間を改造した喫茶店「カフェ リュー」は当面、絵画展最終日まで営業する。時間は午前十時から午後五時まで。
 31日開館の旧小野田セメント住吉社宅(現地で)

カテゴリー:アーカイブ2008年5月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ