緑のカーテン全県普及へ

 夏を涼しく乗り切ろうと、県は今年度から、県民運動の一つとして全県的な“緑のカーテン”の普及促進を図る。県有施設への設置も率先していく。地球環境時代のライフスタイル推進を観点にした「山口エコ・グリーン作戦」の一環。緑のカーテンの設置方法などを周知していくため、十二日から十五日にかけて宇部市など県内九会場で、初の講習会を開催する。
 アサガオやヘチマなど、つる性の植物を活用した緑のカーテンで窓を覆うと、日差しを遮り、葉から蒸発する水分が空気を冷却させる効果を生む。室内の冷房使用を控えることができ、地球温暖化の要因とされる二酸化炭素の排出量を削減できる。
 緑のカーテンに関する宇部市での講習会は、十五日午後一時半から宇部健康福祉センター。受講は無料。申し込みと問い合わせは、県環境政策課地球温暖化対策班(電話083-933-2690)へ。

カテゴリー:アーカイブ2008年5月8日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ