県議選宇部市区、久保田さん3期連続トップ当選

 第十六回統一地方選挙前半戦の県議選は八日、投・開票され、今後四年間、県民を代表して自治を担う新議員が決まった。旧楠町との合併後初の県議選となった宇部市区(定数六)は、最後まで票の読めない混戦を展開したが、久保田后子さん(52)=無所属現、連合山口推薦=が無党派層の大きな支持を得て、三期連続のトップ当選を果たした。二位は、九期県議を務めた父和夫さんの地盤を引き継いだ二木健治さん(51)=自民新=。投票率は、過去最低となった前回をさらに下回る52.91%となった。
 そのほかの当選者は、得票順に、三期目の小泉利治さん(55)=公明現=、六期目の佐々木明美さん(60)=社民現、連合山口推薦=、二期目の岡村精二さん(53)=自民現=、三期目の藤本一規さん(42)=共産現=。

 支持者の万歳に囲まれて満面笑みの久保田さん(下片倉自治会館で)

カテゴリー:アーカイブ2007年4月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ