県議選山陽小野田市区、竹本さんトップで4選

 県議選山陽小野田市区(定数二)は八日に即日開票され、竹本貞夫さん(69)=自民現、西高泊=がトップ当選で四選を果たした。新藤精二さん(72)=無所属新、吉部田=は、中嶋光雄さん(60)=無所属新、厚狭=を振り切り、五百七十五票差で二位。投票率は55.62%(小野田51.69%、山陽63.43%)。合併前の旧市町時代の県議選を下回った。
 新人三人に追われる形となった竹本さんは、自民党の公認、四十を超える各種団体の推薦を受け、小野田地区の票を固めながら上積みに力を入れた。市議時代も含め、議員生活四十年の実績と地域振興、活動の中で培った人脈を強調し、現職同士の一騎打ちとなった前々回(一九九九年)並みの得票数を確保した。二位に四千票の差を付けての大勝は「期待の表れ」とし、“信任投票”に決意を新たにした。

 支持者と共に万歳する竹本さん(中川の選挙事務所で)

カテゴリー:アーカイブ2007年4月9日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ