「母の日」を前に生花店大忙し

 十一日の「母の日」を前に、宇部市内の生花店では、カーネーションの配送準備に追われている。定番の花束に加え、近年ではバスケットなどに盛り込んだアレンジメントや、生花と見栄えが変わらないプリザーブドフラワーも人気を呼んでいる。
 西本町のフラワーハウスいそむら(磯村良隆社長)では、四月下旬から予約注文が増え始めた。今年も気品あふれる紫の濃淡を持つ「ムーンダスト」(花言葉・永遠の幸福)が入荷。八日には地域初登場となる七色のレインボーカーネーション(一本六百円)も限定数入荷する。
 感謝の気持ちが盛り込まれたアレンジメント(7日午前9時半ごろ、フラワーハウスいそむらで)

カテゴリー:アーカイブ2008年5月7日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ