万倉つつじまつり活気

 第十九回つつじまつりは二十九日、万倉ふれあいセンターで開かれた。生涯学習・芸能発表会や泥んこソフトバレー大会、もちまき、バザー、福くじ抽選会などが行われ、約三千人の来場者でにぎわった。ふれあいネットワークの会(下井洋美会長)、校区生涯学習推進協議会主催。
 ふれあいセンター近くの市若者センター周辺に植えられているツツジが見ごろを迎える時期に合わせ、地域の活性化を願い行っている。ちびっ子のど自慢では、万倉少年野球の子供たちが元気な歌声を響かせた。泥んこソフトバレーは、二十四チームが泥だらけになりながら熱戦を展開。目立つ衣装に身を包み、豪快なプレーをするチームもあり、観戦者を楽しませた。
 歌を発表する万倉少年野球の子供たち(万倉ふれあいセンターで)

泥んこバレーを楽しむ出場者(同センター横特設会場で)

カテゴリー:アーカイブ2008年4月30日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ