交通事故多発警報発令

 交通安全県対策協議会(会長・二井関成知事)は二日、交通事故多発警報を発令した。三月二十二日から三十一日までの十日間に宇部市二件、山陽小野田市一件を含む七件八人の交通死亡事故が発生したのに伴う措置で、全県警報は昨年十一月六日以来約五カ月ぶり。
 県地域安心・安全推進室によると、死亡事故の特徴は高齢ドライバーによるものが四件五人、木曜から土曜の週の後半に五件六人が犠牲となっている。
 県内の一日現在の人身事故は発生二千百九十五件、死者三十一人、負傷者二千六百八十九人。前年同日比で発生は七十三件、負傷者は四十三人少ないものの、死者は十人多くなっている。

カテゴリー:アーカイブ2007年4月2日

写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ
single