8強懸け室戸と激突

 第七十九回選抜高校野球大会七日目は二十九日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で二回戦があり、宇部商は第二試合で準々決勝進出を懸け、室戸(高知)と対戦する。
 第二試合は午前十一時半の開始予定だったが、第一試合の熊本工-千葉経大付が延長十二回までもつれ込み、宇部商の選手、応援団も熱戦を見守った。

 3塁側アルプス席で試合開始を待つ宇部商の生徒たち(29日午前11時半ごろ、阪神甲子園球場で)

カテゴリー:アーカイブ2007年3月29日

石炭都市宇部市の起源
写真注文はこちら
無料試読キャンペーン
宇部日報購読案内
サンデージョブ
サンデーうべ
サンデーワイド
サンデートレンド
Sundayうべ・おのだ
Sunday西京
サンデーネットワーク
全国郷土紙連合
新聞協会
選挙権を持つ君へ
アーカイブ